笑説は事実より喜なり

笑説家 ヤマウチツヨシ/岡本太郎氏の『用心深く、いや臆病に今までの使い古されたパターンをなぞって何になるか』という言葉に感銘を受け、使い古されてないパターンのブログはじめました。

毎年バレンタインデーこそ格差社会を実感する

 

f:id:ymuctys:20170218094433j:plain

 2017年2月14日。

今年も相変わらず呼んでもないのにやってきて、さっさと帰っていきましたね。

この日を前に、町中は至る所で商売繁盛。
ケーキ屋に飲食店、コンビニからスーパー、さらにはカラオケ印税ゲット国生さゆりに至るまで。全国は活気と笑顔に満ち溢れ、これでもかと日本の平和を象徴させるハト飛びまくり状態。

そしてこれ、毎年必ずやってくる。なんたる帰巣本能だ。

一般的に「チョコレート業界の陰謀」とも認識されているが、意外にも日本で定着するのに時間がかかったみたい。
しかし、ここで諦めなかったのがチャーリー(社長)率いるチョコレート工場で働く軍団員たち。彼らの下町ロケットばりの「情熱」、真矢みきばりの「諦めなさ」、そしてマギーの処分ばりの「甘さ」が実った結果、今では日本のチョコレートの年間消費量の2割程度がこの日に消費されるというのだ。

まさに国民的行事!数多くの商業が繁盛し、もしかしたら新しいカップルも誕生!?

そう、まさに日本中に幸せだけをまき散らす素晴らしい一日

それが「バレンタインデー」なのだ!

 

 

なーんて勘違いしているバカはいねーだろうな?

 

 

俺ね、もう何十年も前から怒っている。
トランプ大統領が怒り出したのはここ数年だろうが、俺はクリントンが大統領の時からずっと「出ていけ!」とあの連中に怒っている。
こんな地獄のようなイベントを国民的行事に祭り上げた政府、そしてこの件に対して何の意義も唱えることなく全てを容認した教育委員会に、だ!

お前たちはなぜ考えつかなかったのか?

この日のせいで、どれだけの男子が肩身の狭い思いをしているのかを。

この日のせいで、どれだけの男子が苦汁をなめて強がってきたのかを。

目先の利益だけに目が眩み、こんなイベントを国民的行事にしたせいで、俺たちみたいな「チョコ貰えない負け組」の存在を、お前たちはなぜ考えなかったのだ!
勝ち組が甘くて美味しいチョコを舐めている時、俺たちは苦汁を舐めていたんだ。

 

思い出す冬の日の青い春。

純朴そのものだった俺たちの学生時代、それはそれは地獄だった。
もしかしてお前たちはこんな風に思っていたのかもしれない。

「でも大体学校って男女比率ほとんど1:1だから大丈夫だろ」って。

嗚呼、浅はかすぎる。嗚呼、おろかすぎる。

女子を舐めんなよ…

女子はクラスで上位三人くらいのイケメン以外、完膚なきまでにノールックなんだよ!

ルックス重視で俺たちノールック!

ルックスルックスこんにちわって言いながら登校してくる!

全盛期のロナウジーニョばりのノールックパスで、俺たちにボール(チョコ)すら触れれさせてもらえない!
あのイケメンが俺たちのボールをすべてを奪いとるだ。

しかし、そんな俺たちにも確かにチャンスはあった。

奇跡的に絶対的なエース(イケメン)がいないクラブチーム(クラス)に移籍した時、レギュラーになれる大チャンスが到来したのだ!
周りの選手と自分の実力を比較する…

 

「これなら・・・勝てる!」

 

と全選手が同じ言葉を心の中で呟いた。
悲願のレギュラー獲りに自信をのぞかせる俺たち。
しかし、そんな俺たちの愚かな夢を完膚なきまでに叩きのめす冷酷非情な女子の危機管理能力は、もはやゴキブリの知能すらも超えている。

 

隣のクラスに走りこんでいくんだよ!

 

なんなんだよアイツらの身のこなしは!フットワークの軽さは!

ロナウジーニョどころかこのチーム、メッシとクリロナしかいないじゃないか!

俺たちがチョコ貰えない間に、すでにバロンドール貰ってやがる!

それくらい女子は不義理な人間たちばかりなんだよ。

でもな、その諸悪の根源を生み出したのは、政府と教育委員会、お前らなんだよ!

 

なんだと?

 

「私たちだってお前たちみたいな不細工の気持ちを考えて対策してきた」だと?

 

ほほーう、なかなか威勢がいいじゃないか。

てかテメーはっきり不細工って言いやがったな。

お前に言われる筋合いはねーだよハゲ!

なんだよその「ザ・教育委員会です」「ミスター政府です」みたいなバーコードハゲは!

お前には俺たちがチョコじゃなくてピカピカの鏡をプレゼントしてやるよ!

ハゲだけにピッカピカのやつをね!自分を見つめなおせ!

で、なんだよその対策ってのは?

えっ?まさか「義理チョコ」のことを言ってるのか?

嗚呼、浅はかすぎる。嗚呼、おろかすぎる。

マッチに「愚か者」歌ってもらわねーとわかんねーみたいだな。

義理チョコの大義名分は、「ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈ること」なんて言ってるが、そんなの後付けだろーがよ。

元々は欲深きお前たちの"なにくそ商売魂"が生み出した悪魔だろーが!

欲望が収まるどころか膨らみ続けた結果、お前たちの手で作り出したとんでもない悪魔、それが義理チョコだろーが!

「本命チョコをもらえない男子のため」なんて言ってるが、そんなの大間違いだぞ。

あのな、

女子ってのはな、

 

義理チョコやる人も厳選してんだよ!!

 

義理チョコを用意してる女子は、大体クラスで目立たないマスコット的な男子にやるんだよ。やっても無害な男子に。

「さすがにイケメンとは言わないけど、中の上には入ってるだろ」と自分で思ってる勘違い男子の俺たちみたいな奴には絶対くれないんだよ。

なぜかって?

 

勘違いされたくないからに決まってんだろ!!

 

俺たちは義理チョコが本命チョコに見えんだよ!!

だから、もらえないんだよ・・・

政府、及び教育委員会よ。
なぜお前たちは考えなかったんだ?

義理チョコすら貰えない男子は、顔で笑って心で泣いてることを。
強がってその日だけ期間限定で座右の銘「我関せず」に変更してることを。

頼むよ全国の女子。

義理チョコ配るなら徹底してくれよ。
チロルチョコでいいんだ。義理チョコをさ、俺たちにもくれよ。

義理チョコに関しては、「義務的なイベントを無理矢理作り出して、強制的に義理チョコを買わせるのは非人道的な卑劣な商法」であるといった痛烈な批判もあるらしい。

でもね、やっぱり違うよ。
本当につらいのは、ぶっちぎりで貰えないことだよ。

 

つまり、社会的不平等が厳然として存在する現代日本の格差社会は、このバレンタインデーにすべて集約されていたんだよ!!

 

女子はいいよ、与えるサイドの人間だから。
誰かにやろうがやらないだろうが傷つくことがない。
与える側の人間は勝ち負けが存在しない。
それに引き換えて俺たちはどうだ?

うん、なんか勝手にリングに立たされてるんだよね。
試合なんかしたくないのに、教室が勝手にリングになってんだよね。
うん、なんか勝手にエントリーされてるんだよね。

「姉が勝手に応募したみたいで(笑)」みたいな理由で来たわけじゃないんだよねこの会場に。
身内は誰も応募してないのに、教室に入ったらなんかジャニーズオーディションみたいなのが勝手に始まってるんだよね。

本当に困るんだよ。だから最初から白旗あげてたいんだよ。
でもさ、前日に「明日はバレンタインデーだけど、僕参加しませんから安心してください」なんて言ったら逆にフリかとも思われるでしょ。
テスト当日の朝「やべー昨日すぐ寝てたーテスト勉強全くしてねー」とかデカい声で言ってる奴みたいじゃん。

たぶんお前が一番してるだろ。誰よりもしてるだろ。

点数悪いときの保険かけるんじゃねーよ。

まさにその状況と同じになるじゃん、事前に白旗あげたら。
欲しがってるみたいじゃん。保険かけてるみたいじゃん。
てかむしろ「何言ってんだコイツ。大体誰もお前に用意なんかしてねーよ、なに意識してんだよお前は気持ちわりーな」と思われる。
だからね、もう腹くくって参加するしかないんだよね。

戦うしかないんだよね。

そんな時、俺たちが今までどんな強がりや対処方法をしてきたのか?

それをここで一挙公開しよう。

 

周りの状況を見て「あー今日バレンタインなんだー」とか言ってとぼけてみせる

f:id:ymuctys:20170221112331j:plain

 (参考画像)小学校時代の俺たち

 

はい。お察しのとおりですよ。
もちろん知ってます。知らないわけないじゃん。
そこら辺の覚えずらい日本の祝日より詳しく存じ上げております。
私の頭の中の消しゴム使っても全然消えません。
完全にタトゥーみたいに脳みそに彫られてます。

人間ってのはさ、楽しかった記憶より悲しかった記憶の方が覚えてるんですよ。

 

「俺なんかチョコもらえるわけないし」と最初から身をわきまえてる

f:id:ymuctys:20170221112359j:plain

 (参考画像)中学校時代の俺たち

 

これは嘘じゃないんです。
本当に自分の実力がわかってる。だから身をわきまえているんです。
貰えないのは当然わかっているんです。
でもね、百パーセント貰えないとは思ってないです。
貰えないと思いつつも、しっかり貰った時のアンサー考えてる。
去年のクリスマスのクリぼっちを経験した辺りから、年末年始の行事は蚊帳の外でこの日に集中してる。
「あけましておめでとう」なんか練習しなくても自然に言えるけど、「えっ本当に?ありがとう」は練習してないと自然に言えないからね俺たちは。
あとはどれだけ自然に、全然期待してなかった風に「えっ本当に?ありがとう」を言えるかの練習してる。

下駄箱に入ってるシュミレーションもしっかりしてる。その時は右見て左見てもう一度右を見て、誰もいないのを確認してから手に取る練習もしてる。
不意に廊下で貰うパターンもあるから一月下旬くらいからカッコいい顔して廊下歩いてる。東京メーンズコレクションでも開催されてるのかってくらいポケットに手を突っ込んで練習してる。

つまり、めっちゃ練習してる。

 

6時間目の中盤に少しでも期待していた自分の愚かさに気づき、ダッシュで下校する事しか考えてない

f:id:ymuctys:20170221112414j:plain

 (参考画像)高校時代の俺たち

 

流石に試合終盤、後半40分経過というところか。
もちろんロスタイム(放課後)に点を決める奴もいるだろう。
女子が渡しそびれていたり、ドキドキしてて渡せずにいるパターン。
それもたしかに多々あると思うよ。

しかし、もう俺は無理だ。

さっきの休み時間にトイレ行った時に、ふと鏡を見て気づいた。
コイツこの顔でなに点取ろうとしてんだって。
そのあと六時間目中ずっとグローブのfaceが爆音で脳内で流れたもん。

鏡に映ったあなたの二人!情けないようで気持ち悪くもある!

「今日の授業おしまい」チャイムが鳴ったらとにかく!

教室のドアをダッシュで開けようーーー!!!!

クラウチングスタートのボルトで逃げようーーー!!!!

 

 

こうやって俺たちは地獄のイベントを対処してきたんだ。そしてせっかく家に逃げてきたのに母親が「チョコもらったね?」とか空気読めないこと聞いてくる。
生傷に塩を塗る行為、顔に泥を塗る行為だとなぜ気づかないんだ。
俺たちだって唇にチョコを塗りたかったんだよ…

そんな苦い思い出ばかりのバレンタインデーについて、ウィキペディアで調べたらこんなことが書かれていた。

 

「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」というものも見られる。

 

 

ちょっ待て待て待て待てーーーー!!

なんだ強敵(とも)チョコて!!

北斗の拳の世界観持ってきた人だれやーーー!!!

 

あのバーコードハゲか?

あの野郎!

ハートみたいな頭しやがってケンシロウぶんな!

俺たちがサウザーしてるわけないだろう!

愛深きゆえに愛を捨てた男たちの慰めあいかよ!

 

て当たってるじゃねーか!!!

 

と、怒りに満ち溢れて吐き出せずには入れなかったアフターバレンタイン。

34歳、今年も元気いっぱいで出勤したのに…

二十人以上会社に女性いるのに…

古株の女性社員二人からしか貰えませんでした。

でもいいんです。

 

だって俺の奥さん超美人だもんね!!!!!!

 

※本文の画像と筆者は一切関係ございません。