笑説は事実より喜なり

笑説家 ヤマウチツヨシ/岡本太郎氏の『用心深く、いや臆病に今までの使い古されたパターンをなぞって何になるか』という言葉に感銘を受け、使い古されてないパターンのブログはじめました。

【24時間テレビ】狙いが早くもメンタリズムできた件

 

拝啓 日本テレビ様へ

 

お元気ですか?僕は元気です。

会えなくなってどれくらい経つのでしょう。

恐らくこの手紙も前回に出した手紙と同様、朝方ポストに舞い戻ってくるのでしょうね。

もう何度目になるのかな、この今朝ポストに舞い戻るスタイル。

徹底して早朝に持ってくる郵便局員にも若干キレそうです。

てゆーか返送する郵便局員も絶対に職場で笑いのネタにしてますよね。

 

「また六丁目の山内だよwこいつウゼーwwルクプルかよwww」って。

 

これが言いたいがために早朝届けに来てるのかなと思うと、余計に腹が立ちます。

確かにこんなストーカーまがいのことをやっても意味がないと何度も自分に言い聞かせるのですが、そんな時にドリカムが何度でも僕を励ますのです。

『10000回ダメでへとへとになっても、10001回目は何か変わるかもしれない』って。

ストーカー促進ソングですね。

でも、もう我に返ります。これが最後の自薦の手紙です。

 

いやーやってくれましたね。

 

やはり今年も自薦する私を選んでくれませんでしたね。

 

24時間テレビのチャリティーランナー、DAIGOて。

 

もういい加減にタレント走らせて感動の押し売りは止めませんかね?

てか24時間で100キロ走っても全然凄くないんですけど。

あんな万全なサポーターズを付き添わせて走っても何にも凄くない。

てか走ってないし。24時間で100キロて時速4.16kmですよ。

これってメチャクチャ遅歩きですからね。

てか「遅歩き」って言葉、初めて使いましたよ。

「早歩き」は漢字変換ですぐ出るのに「遅歩き」は出てこないし。

もはや世間一般の言葉として認識されてないほどのスピードですからね、時速4.16kmって。

でもね、ふなっしーが走るんだったら俺も許すよ。

むしろそれだったら凄い。

コールドスプレーやテーピングが意味ないし、むしろその絵を想像したら面白いし。

 

でもDAIGOて。

 

いや、DAIGOが悪いわけじゃないし、別に嫌いでもない。むしろ好きだよ。

だから俺はDAIGOをランナーに指名した日テレのプロデューサーに言いたいんだよ。

 

走る日が北川景子の誕生日なんでしょう?

 

何よそれ。

 

いやらしすぎるよ日テレさん。

 

北川景子のサプライズに期待しすぎ。

 

もう日テレさんの思惑、俺に完全にバレちゃってますけど。

もうメンタリズム成功しちゃってますけど。

そっちのDaiGoになっちゃってますけど。

 

で久しぶりにそっちのダイゴ気になって調べた。

 

 

FullSizeRender

 

 

てかこのメンタリズムDaiGoの圧倒的ボスキャラ感は何なんだよ!

 

 

完全にフリーザ様じゃねーか!

 

宇宙一の強さを誇りながらも、虫けら共にすら敬語で対応する「神対応の元祖」と言われた、あの宇宙一の紳士・フリーザ様の表情じゃねーか!

 

おかげでDAIGOがトランクスに見えてきたじゃねーか!

 

まぁとにかくさ、俺がプロデューサーならマジでふなっしーに走らせるね。

それが無理なら武井壮だね。

アイツなら時間なんか無視して10時間以内に帰ってきそう。

それで「ちょっと早く着きすぎたんで二周目行ってきます!」ってまた走り出してワイプの上にテロップで【武井 二周目突入!】って入って歴史作りそう。

それくらいやったら超盛り上がると思うわ。

もっと画期的なアイディアを考えてほしい。

ただの元気と感動の押し売りは止めてほしい。

単純に感動したいなら探偵ナイトスクープの『幼稚園児自転車で160㎞離れた伊勢へ』を見た方が100倍感動するわ。

 

あれ見たらもう「24時間テレビ」がもはや白黒テレビなんじゃないかってくらい霞んでしまう。それほど感動のレベルが違う。

俺も本気で毎日頑張ろうって気になれるもん。

よし、だから俺はやるよ。明日、頑張って100キロ走ります!

 

あ、はい、そうなんです。

このまま何年も待ったところで日テレさんからオファーがないだろうから、もう自ら志願して100キロ走ることにしました。

 

13時間半テレビ。阿蘇カルデラスーパーマラソン。

 

もちろん未知の道。

そんな距離を今まで走ったことがあるかって?

ちゃんと練習してきたかって?

 

そんな勇気も無ェ!時間も無ェ!休みもそれほど走って無ェ!

 

日テレさん、よーく見ててくれよ。

そんなペーペーのトーシロの俺が、未知の道を切り開くことができるのか?

そしてテキストだけで笑いと感動の嵐を巻き起こすことができるのかを!

 

俺ら阿蘇山さ行ぐだーーー!!!

敬具

(追伸)

 

▼その結果はコチラ▼

www.monoii.net