笑説は事実より喜なり

笑説家 ヤマウチツヨシ/岡本太郎氏の『用心深く、いや臆病に今までの使い古されたパターンをなぞって何になるか』という言葉に感銘を受け、使い古されてないパターンのブログはじめました。

【世界のムチロー伝説】 第三話「闇に葬られた殺人未遂事件!」

  ▼第二話はコチラ▼

www.monoii.net

 

第三話「闇に葬られた殺人未遂事件!」

 

無限に続くかと思われていた朝掃除をひとまず完結させたムッチーは、安堵の表情に包まれていた。

しかし、彼の悲劇はこんなもんじゃ済まないのである。

なんてったって必要以上に先生たちに嫌われているのだから。

いちゃもんばかり付けられるのだから。

だって如何せん無性に腹立たしい顔をしてるのだから。

そんなムッチーには、ひと際厳しい数々の試練が降りかかるのであった。

 

先生A「おい。お前眉毛剃ってんじゃねーのか?」⇒朝掃除

先生B「あれ、お前ちょっと髭生やそうとしてねーか?」⇒暴力

先生C「おい。お前いま校歌間違っただろ?」⇒説教

先生D「おい。お前なんかイラつく顔してんな?」⇒暴力

 

もう次から次に襲い掛かるモンスターたち!!

それはまさにフリースタイルダンジョン!!

 

f:id:ymuctys:20170214003622j:plain

 

 

いや、スクールスタイルダンジョンなのだ!!!!

 

 

もちろん賞金なんか何もなし!

 

増えていく朝掃除の日数と体中のアザのみ!!

 

てかむしろREC-1の最初のモンスターから速攻クリティカルヒットやられてんのに、全然バトル終わらせてもらえない!

 

 

f:id:ymuctys:20170214004242p:plain

 

f:id:ymuctys:20170214004253p:plain

 

 

おいおい!ジブさんも泣いてるじゃねーか!!

 

もう止めてやれや!可哀そうだろ!

 

涙の訳は暴力の一択だよ。

 

俺は余りにもムッチーが可愛そうになったのでジブさんにお願いした。

「ジブさんもう彼は限界です!終わらせてあげてください!」

するとジブさんはUZIと耳元でなにやら会話をし始めた。

そして一呼吸をついた後、こう言ったのだ。

 

 

 

『次のモンスターはコイツだ!』

 

 

 

f:id:ymuctys:20170214005854j:plain

 

 

続行じゃねーか!!!!!!

 

 

f:id:ymuctys:20170214004253p:plain

 

 

よーく見たらジブさん笑い泣きしてるじゃねーか!!なんだよ騙されたよ!!

 

 

f:id:ymuctys:20170214010103p:plain

 

 

【リアルMr.フルボッコ一ツ橋先生 a.k.a. イッチー

 

不良高校生更生選手権の優勝をキッカケに、数々の大会で結果を残してきた若手教師界最強のティーチャー。前年までの成績は、並み居る不良チャレンジャーたちを圧倒的な威圧感でゲームを支配し、すべてクリティカルヒットで撃破。 いま日本でもっとも勢いのある危険なティーチャーなのだ!

 

モンスターよ、挑戦者の進撃を阻止せよ!

 

しかし、ここまで全戦全敗のムッチーだが、その目の闘志はまだ消えていない!

「日米通算4,000発殴打」の不名誉な世界記録に王手をかけられたムッチーは、もう負けられないのだ!

 

Zeebra「ムッチー、先攻後攻どっち?」

ムッチー「もちろん先攻で!」

UZI「オッケー!それでは先行ムッチー、後攻はイッチ―!DJかませー!」

 

ディギディギディギディギ!

 

【世界のムチロー a.k.a. ムッチー】

Yo 俺はもちろん選ぶぜ先攻 お前は人間としてダサいセンコー いつもうるせーな長い説教 今日で消えたらあげてやるぜ線香 ご愁傷さま来世で逢おう とりあえず俺にした罪は償えよ 今までもらった罪と罰 突き飛ばす ホラやってみな君のバース!

 

【一ツ橋先生 a.k.a. イッチー】

おい小僧 舐めてんのか俺のことを いつもビビッて陰でコソコソ ギャルの前だけ粋がる奴だ 一人じゃ動けない群がる猿が! ボス猿の言うことちゃんと聞けよ 目の前にいる俺がラスボスだよ! 今から鉄拳制裁だ暴行! 明日は七時半にしろよ登校!

 

【世界のムチロー a.k.a. ムッチー】

出たよ権力を振りかざし暴行 そんなんでするわけねーだろ投降 白旗あげるなら死んだがマシだ 古畑さん捕まえて犯人はコイツだ 「後攻なのにイケてないよ先生」 後で2ちゃんに悪口を投稿 高校生に負けるんじゃないの? 才能ないよもう帰りなゴーホーム!

 

【一ツ橋先生 a.k.a. イッチー】

・・・・・・

 

 

彼はあまり調子に乗りすぎてしまった・・・

もう審査員のジャッジを待つ必要がなかった・・・

調子に乗って暴言を吐きまくった彼に先生はブチ切れた。

そして先生がとった行動。

それは、

 

ボコボコに殴り、

白シャツを血まみれにし、

さらに首をしめられながら、

2階の窓から突き落とそうとする。

 

それを見たクラス中の生徒が本気で止めに入って事なきを得る。

 

 

 

この事件、なぜ全国ニュースにならなかったんだ!!!!

 

 

これは本当に生まれてくる時代が悪かった!

いやいや、その当時でも立派な「殺人未遂」で立証できるだろ!

世界仰天ニュースの急死に一生スペシャルに出れるって。

のちに審査員のいとうせいこうはこの試合を振り返ってこう言った。

 

「まるでロッキーを観てるみたいだったね」

 

 

 

いやいやいや、コレは完全にグロッキーです。【続く】

 

www.monoii.net